魚竜種の紹介

水中や砂地に生活圏を持った種族。他の飛竜では翼にあたる部分が、ひれ状に変化している。モンスターとして登場するものは一様に骨盤と二本の足がある。これらモンスター以外にも、アイテムとして登場する魚の中に、魚竜目に分類されているものがいる。

ガレオス

【魚竜目 有脚魚竜亜目 砂竜上科 ガレオス科 全長:約979cm 全高:約434cm 足の大きさ:約128cm】
別名 - 砂竜

砂漠の砂地に潜り、泳ぐようにして進む。シュモクザメの様に左右に平たい頭をしていて、これは砂を掻き分け進むのに役立つよう進化したようだ。群れで生活し、背びれを叩き付けるなどして弱らせた獲物を砂中に引きずり込んで食べる。

泳いでいる間に体内に入ってくる砂は一旦砂塵袋と呼ばれる器官に送られ、そこで鉄分などの栄養素を吸収した後に排出する。排出される砂は唾液で固め、塊として吐き出すことで敵を攻撃するのに利用される。砂中では音を頼りに進むため、大きな音にはめっぽう弱い。砂を被って土色に見えるが、本来の色は水色で、稀に紫色の鱗を持った個体もいる。
ガレオスはギリシャ語で鮫を意味する。

ドスガレオス

【魚竜目 有脚魚竜亜目 砂竜上科 ガレオス科) 全長:約1538cm 全高:約683cm 足の大きさ:約183cm】

皮膚が黒く硬くなった、大型化したガレオスのリーダー。その牙とヒレは触れた物を麻痺にする毒を持つ。一般的なガレオスと違って、エリアを跨いで広範囲にわたって移動する。極稀に薄桃色のヒレを持った個体がおり、強力な武器の素材として重宝される。
モンスターハンターGから砂の塊を放射状に連射する攻撃が追加。

ガノトトス

【魚竜目 有脚魚竜亜目 水竜上科 トトス科 全長:約2315cm 全高:約1040cm 足の大きさ:約249cm】
原種別名 - 水竜
亜種別名 - 翠水竜

体重の制約が少ない水中で育つためか飛竜の中でもひときわ大きく、広い範囲に強力な攻撃をしてくる。ホオジロザメに似た頭をしていて、口から強烈な水のブレスを吐く。 大きな音が苦手で、水中にいる時に音爆弾を投げると驚いて陸地へ飛び出してくる。

ゲーム中唯一の水棲モンスターだが、その魚の様な外見に反して、二本の脚で陸上に上がる。巨体ゆえ陸上での動きは鈍く、捕食は水中、あるいは水辺の生物を水中へ引きずり込んでから。歯は何重にも重なっており、噛み付いた獲物を決して放さない。

魚のような見た目だがエラではなく肺で呼吸をし、水中では体表から酸素を取り込む皮膚呼吸を行う。そのため体表が乾燥すると皮膚呼吸ができなくなるため、長時間陸上にいることをいやがる。
卵胎生で、はじめに母竜の胎内で多くの卵が孵り、同時に共食いをする。このサバイバルに生き残った一体は、ある程度成長するまで、放出される未受精卵を餌にして母竜の胎内で成長していく。現実におけるサメなどに見られる。

胃からはザリガニに似た甲殻類キングロブスタの殻が度々見つかり、水辺に近づいたアプトノスなどの草食竜も捕食するなど食性は幅広い。また、カエルが好物で、これを餌として釣り上げたりできる。 小型の獲物なら丸呑みにするため、胃の中から未消化状態の甲殻類の殻が発見されることがあり、これは武具に利用できる。
原種の鱗は瑠璃色、亜種の鱗は翡翠色。

ページの上へ戻る

Copyright (C) 2011 モンハン モンスター図鑑. All Rights Reserved.