鳥竜種の紹介

二足で歩行し、大型モンスターとしては割と細身の体を持つ種族。生態系の中層に位置していて、小型の肉食竜や中型の飛竜も含む。この種族は全て「イグルエイビス」という鳥脚亜目が祖先となっていて、ランポスを代表とする走竜下目は「ケプトス」、イャンクックを代表とする鳥脚下目は「ボルドル」がそれぞれの共通した祖先だ。
※現実世界での恐竜に見られる鳥脚亜目とは全く別なので注意しよう。鳥竜種は竜盤目の鳥脚亜目、実際の鳥脚亜目は鳥盤目だ。

【オススメ】⇒

ランポス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 ランポス科 全長:約578cm 全高:約194cm 足の大きさ:約45cm】

青い鱗で黒い縞模様が特徴の鳥竜種。小型の獣脚類、ドロマエオサウルス類に似ているが羽毛はなく、鱗が覆われている。群れで行動していて、敵を発見すると鳴いて仲間を呼ぶ。手首から先が扇状に広がって、爪が7本もある。また、ドロマエオサウルス類の様に、後肢には大きな鉤爪もある。

動きは直線的なものが多く、強力に見える前肢は全く使わずに、噛み付きと飛びかかりが主な攻撃手段だ。ゲネポス、イーオスなどのモンスターも基本的な動作は同様だ。
モンスターハンター2,モンスターハンターポータブル2ndでは、巣穴の付近で眠りにつくボスモンスターを、周辺のランポスが攻撃する事もある。

ドスランポス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 ランポス科 全長:約738cm 全高:約250cm 足の大きさ:約60cm】

ランポスの群れのリーダー。大柄な体格と赤いトサカを持つ。前肢・後肢の爪も大きく肥大化しており赤い。子分であるランポスは、ドスランポスの呼び出しがあるまではテリトリー内の決まった位置で待機。モンスターハンター2以降は戦闘場所が密林へと移行したため、この習性は見られなくなった。

ドスランポスをはじめとして、ランポス系モンスターのリーダーは、耐久力などが通常の個体よりも大きく上回っている。また、ダメージを受けて追い込まれるとエリアを移動して体勢をたてなおすなどの知能も持っている。

ギアノス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 ギアノス科】

主に雪山に生息。白と水色の鱗の鳥竜種。姿はランポスに酷似していて、ランポスの群れに紛れていることもあった。そのためランポスの亜種とされており、白ランポスと呼ばれていたが、モンスターハンターポータブル2ndで新たにギアノスと言う正式名称がついた。

基本的にはランポス系特有の直線的な飛びかかり攻撃をしてくるが、ランポスとは違って氷の液を吐きかけることも出来る。モンスターハンター2、モンスターハンターフロンティアでは氷の液に触れると「雪だるま」と呼ばれる状態になるが、モンスターハンターポータブル2ndではダメージのみになった。

ドスギアノス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 ギアノス科】

ギアノスのリーダー。緑色のトサカ、肥大化した爪を持つ。

ギアノスと同様に氷の液を吐き、食らうとダメージだけでなく「雪だるま」状態になる。この状態になると、シリーズによって多少違いはあるものの、基本的に移動しか出来なくなってしまう。

 

ゲネポス

【竜盤目 脚亜目 走竜下目 ゲネポス科 全長:約577cm 全高:約194cm 足の大きさ:約45cm】

ランポスに似ていて、橙色と緑色がまだらになった体色をもつ。口先の牙が長くなって、神経性の麻痺毒を備えている。前肢の指は3本で、後肢に鉤爪をもつ。頭には一対のとさかがある。基本的には砂漠や沼地に生息していて、イーオスなどと一緒にいることも多いようだ。

ドスゲネポス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 ゲネポス科 全長:約732cm 全高:約244cm 足の大きさ:約45cm】

ゲネポスのリーダー。ゲネポスの特徴である、左右に張り出した一対のとさかが翼のような形に。また麻痺牙の長さも、通常のゲネポスより長い。

イーオス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 イーオス科 全長:約581cm 全高:約190cm 足の大きさ:約45cm】

眼はかなり小さく、毒々しい赤色をした鱗は小さく目立たないため、皮膚はぬめったような質感で、頭部が丸く膨らんだ形。さらに身体も、前肢の指は2本で、後肢に鉤爪を持たないなど、他のランポス系統モンスターとは見た目がかなり違っている。牙の本数は少ないが、喉元にある毒袋で分泌した毒液を吐きつける。

暖かい場所が好きで、生息場所は火山や沼地、ジャングルと幅広い。他の鳥竜種の群に混ざっていることも多く、ランポス系モンスターのなかでは体力がずば抜けている。

ドスイーオス

【竜盤目 鳥脚亜目 走竜下目 イーオス科 全長:約774cm 全高:約241cm 足の大きさ:58cm】

イーオスのリーダー。膨らんだ頭の上に、さらに紫色の大きなトサカがある。毒の継続時間もイーオスより長く、上位クラスのドスイーオスは小型飛竜並の体力になっている者もいる。

 

イャンクック

【竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 耳鳥竜上科 クック科 全長:約774cm 全高:241cm 足の大きさ:約58cm】
原種別名 - 怪鳥
亜種別名 - 青怪鳥

桃色の甲殻で巨大なくちばし、大きな襟巻き状の耳が特徴の鳥竜種だ。自慢の大きな耳で聴覚が発達しているが、それ故に、間近で大きな音を鳴らされると気絶したようにフラフラの状態になる。
くちばしはしゃくれていて上あごに被さる。これを上手に使って地中のミミズや昆虫を土ごとすくい上げるようにして食べる。大きな体を小型の虫などで維持できるよう、個体ごとに縄張りを持って餌を分けており、年に一回、オス同士が集団で争って縄張りを決めている。

繁殖期になると、卵を抱くためメスの腹部には「クックファー」と呼ばれる毛が生えて、毛皮用にとハンターに狙われることもあるという設定がある。

ハンターに対しては高熱の液体を吐いて攻撃して来るが、飛竜として見ると小型で体力も少なく、臆病で、攻撃力もあまり高くはない。そのため初心者ハンターにとっては最初の飛竜討伐の目標となる事が多く、イャンクックが狩猟できるか否かが今後のハンター生活の登竜門となる。また攻撃や移動などの動作が他の飛竜と共通する部分が多いので、より強力な飛竜へ挑戦するための練習相手にもなる。特定のクエストでは、人間の半分ほどしかないものもいる。
原種の甲殻は桃色で、亜種の甲殻は青。

イャンガルルガ

【竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 耳鳥竜上科 ガルルガ科 全長:約1290cm 全高:約423cm 足の大きさ:約162cm】
別名 - 黒狼烏

尖った大きなくちばしと襟状の耳飾を持つ飛竜種。イャンクックに似ているが、全身が紫色の甲殻に覆われ、刺などが発達しているため凶暴さが増して攻撃的に見える。その存在があまり知られていなかった頃は、イャンクックあるいはその亜種と間違われていたこともあり、「イャンクックの討伐」依頼で出くわすこともあったといわれる。イャンガルルガの生態が明らかになるに連れてイャンクックとは別種であると判明。行動も異なり、サマーソルトや三連発火炎ブレスなど、リオレイアに似た攻撃動作を取る。

非常に好戦的な性格で、自らイャンクック等の縄張りを侵して殺戮を行ったりもする。その性格および行動ゆえに生傷が絶えず、体は傷だらけになっている。モンスターハンターポータブル2ndGでは全く傷のない個体が出現するクエストも。

甲殻などの肉質が全体的に硬くて非常に怒り易く、体力が少なくなるとハンターが数撃加えただけで怒り状態になるので、後半はほとんど怒りっぱなしの状態で戦うことになる。
モンスターハンターポータブルではモンスターハンター2との連動で登場し、討伐を重ねるごとにサイズや体力が上昇していくのが特徴だった。モンスターハンターポータブル2ndではイャンクック10頭討伐で登場。モンスターハンターポータブルの頃に比べると割と柔らかくなったが、飛竜種全体で見れば硬い甲殻を持つということに依然変わり無い。また、モンスターハンターポータブル2ndでは上位クラスのイャンガルルガは登場しない。

ゲリョス

【竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 ゲリョス科 全長:約1013cm 全高:約457cm 足の大きさ:約130cm】
原種別名 - 毒怪鳥
亜種別名 - 紫怪鳥

鳥竜種の中では比較的がっしりとした体格をしているが、体に似合わず非常に臆病で狡猾。肉厚なゴム質の表皮を持ち、打撃攻撃、雷属性に非常に強い。また尻尾はゴムのように伸び縮みするが、その柔軟さゆえにそこが弱点でもある。鉱物質が含まれたトサカとクチバシを打ち合わせて強烈な閃光を発し、敵の目をくらますことが出来る。

驚異的な持久力で縦横無尽にフィールドを駆け回りながら毒液をそこら中に吐き散らす。その持久力の源となるのは、狂走エキスと呼ばれる体液。また、ハンターのアイテムを盗んだり、死んだフリをしたりと一風変わった行動をするためか、曲者呼ばわりされることも。カラスのように光る物を集める習性があり、ハンターが鉱石系アイテムを所持しているとそれを優先的に盗み取る。

ゴム質である表皮は絶縁体として重宝され、雷属性を帯びる武器のグリップなどにたびたび利用されている。
原種の表皮は灰色、亜種の表皮は紫色。

ページの上へ戻る

Copyright (C) 2011 モンハン モンスター図鑑. All Rights Reserved.